【お客様紹介】木工時計を製造、販売するキコリ・デザイン研究所さん

こんにちは、オオクボです。2018年がスタートしました。
北陸では例年にない大雪が降り、1月中旬はほとんどを雪かきしていました。
いや、きちんとお仕事もしていた…はず(´-`*)。
気をとりなおして、今年もシルクスクリーン製版のコト、
いろいろチャレンジ・発信していきますのでよろしくお願いします。

 

そんなこんなで毎日、雪との戦いでぐったりしていたら、
有限会社キコリ・デザイン研究所 さんより、
とてもステキな木工時計のお写真が届きました。

なんと!🐼「パンダの親子の時計」。(*´з`)♡愛らしすぎる♡
「手作り時計工房KICORI」のサイトでは
パンダの親子の顔が動いている様子も紹介されています。

▼パンダの親子の時計
http://kicori.net/itempost/item-k483/

 

こんな愛らしい時計を作られている有限会社キコリ・デザイン研究所さんは
長野県長野市にある木工所で、地元信州産のカラ松を使い、
デザインから組み立てまで1点1点手作業で木工時計をつくられています。
KICORIというブランド名で長野県の工場横のお店や全国の小売店さんでも販売。
またWEBショップも開設されていますので、
近くにお店が無くてもKICORIのデザインに出会うことができます。

-手作り時計工房KICORI-  http://kicori.net/

 

❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊

– KICORIについて –

KICORIは長野県長野市にある小さな木工所です。
信州産のカラ松を使ったものづくりをはじめてから30年以上になります。
KICORIの製品は、すべてKICORIで独自にデザインされたオリジナルです。
そのデザインコンセプトは「自然に在る」です。
時計としての単に形や機能を追求するだけでなく、時計を見る人のこころに届く、
自然と繋がっている時間をデザインしたいと思っています。

KICORIの製品には、国産材の信州カラ松を主な素材として使っています。
長野県内で伐採されたカラ松を、KICORIの製品仕様に製材し脱脂人工乾燥した後、
さらに自然乾燥のためしばらく寝かせてから使用します。
製造は、木取り・組み立て・磨き・塗装・調整・全て手作業で進めます。
使用する部材の寸法に合わせて単材を集成加工し、狂いをおさえたり、節・アテなどを取り除くなどKICORI独自の技術で、質の高い製品作りをしています。

❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊❊

つくり手さんの想いがこもっていて、どのデザインもとても温かみがあり、
見ていて、ついつい顔がほころぶ素敵な木工時計ばかりです。
時計屋さんなのに時間を忘れて見入ってしまいました。

販売している時計はすべてKICORIさんのオリジナルデザインでつくられています。
工程のひとつひとつが、手作業なので、同じ柄で作られていても木の顔が違い、
ある意味1点ものなのだと思いました。

 

木の板に文字盤や柄をシルクスクリーン印刷する。
そんな加工利用方法もあるのだと、新人オオクボには感動の1品でした。

時計をご注文の際、オーダーでお名前プレートもつけられるようで
今話題のパンダ柄は、記念や出産祝いなどプレゼントにも喜ばれそうです。
▼手作り時計工房KICORI
パンダの親子の時計 http://kicori.net/itempost/item-k483/

 

現在新作も製作中でして、時計を作る工程を見せていただけるようなので
こちらも楽しみです。改めてラボのブログでご紹介させていただきますね♪

KICORIさん、素敵なお写真とコメントをありがとうございました。

 

—————————————————————————————————

横山工藝シルクスクリーン製版部では、お客様のプリントしたい素材にあわせて
最適な製版をご提案いたします。
印刷をメインでされていない方でもお気軽にご連絡ください。株式会社 横山工藝 シルクスクリーン製版部
シルクスクリーンに関するお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム  https://www.ykougei.jp/seihan/contact.html

 

 

横山工藝 シルクスクリーン製版ラボ
スタッフ オオクボ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です