横山工藝で出来る1番大きな製版サイズは??

こんにちは、製版ラボのオオクボです。
最近新しい名刺を作っていただきました。
ykougei_csわーい(((o(*゚▽゚*)o)))
まだまだ新人ですが、カスタマーサポートの名に恥じぬよう2019年もモリモリ働きます♪

さて、先日製版部にこんな問い合わせメールをいただきました。

「横山工藝さんで出来る、アルミ枠の最大サイズを教えてください!」

当社のホームページ「FAQ」でも紹介していますが、「枠の外寸法」と、
わかりにくい記載になっていたので、もう少し詳しくご説明させていただきますね。

 

●製版最大サイズについて

当社の製版可能な最大寸が枠の外寸法110センチ×125センチまでの対応となります。
(フレームの巾が約4センチの場合、内寸法102センチ×117センチ)

ただ、枠内寸ギリギリで製版できるわけではないので柄から内枠までの余白が必要となり、
実際に印刷できる柄サイズは80センチ角ぐらいまでが推奨サイズになります。

 

 

—-

「柄サイズに対して使用する枠サイズの決め方」が掲載された
師匠の秘伝書(ブログ)がありましたので参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓ ( ..)φ ↓↓↓↓↓↓↓

シルクスクリーン製版屋メモ|【シルク製版】枠サイズの決める目安です

—-

 

推奨サイズは周囲10センチ以上の余白をつけた時の寸法です。
そこまで余白は必要ないよという方でも、版枠が大きくなるにつれて枠内側と中央では
テンションの張り具合が変わってくるので、5~8センチ以上はつけられることをお勧めします

 

 

シルクスクリーンに関するお問い合わせはこちら
株式会社 横山工藝 シルクスクリーン製版部
お問い合わせフォーム https://www.ykougei.jp/seihan/contact.html

 

それでは、また(‘ω’)ノシ

 

横山工藝 シルクスクリーン製版ラボ
スタッフ オオクボ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です